SALES PRICE

販売情報

MARKET INFORMATION

市況情報

 海外マーケットは、各国において新年以降も景気後退リスクの低下もあり、鉄鋼製品価格は上昇傾向の動きにありましたが、足元は一服感が出ており、特に米国では昨年末までの急激な相場上昇の反動から、高値修正の動きとなっています。しかしエネルギー価格や原料の高止まりが続き、更に輸送に関わるコストも上昇に転じているため、今後も各国の鉄鋼メーカーによる収益改善の姿勢が維持され、鉄鋼製品の値崩れが進むことは考えにくい状況にあると思われます。またアジア地域では春節が終わり、経済状況の改善が急がれる中、中国国内における本格的な景気対策の効果に期待が寄せられていますが、引き続き世界及び中国の鉄鋼需給の動静と金融政策の変動を慎重に注視してまいります。
 国内マーケットは、建材品種において季節的要因の影響も残り、全国的に鋼材の荷動きは迫力を欠く状況が続いていますが、流通の在庫量は低い水準が維持され、今も大形サイズでは歯抜けが見られる等、纏まった引合いには対応が難しい状況にあります。また首都圏の再開発案件や半導体関連などの大型工事が中心ながら、地域によっては中小規模の案件も動き出しています。足元でも鉄鋼メーカーへは短納期の引合が継続しており、今後も建設需要は底堅く推移することが予想されることから、春先からの荷動きの回復と市況の上昇が待たれます。
 鋼板品種では、特に薄板類において、これまで上向きに推移してきた自動車関連業種による生産休止による影響により、鋼材消費量の停滞が懸念されているものの、全国的に在庫量は減少傾向にあり、総じて需給バランスは保たれた状況が継続しています。その他製造業においても、需要の回復度合いに強弱はあるものの大きな落ち込みも無く堅調に推移しています。更に、鉄鋼メーカーの供給抑制姿勢が維持され、また輸入鋼材の動向には注意が必要ですが、現状の為替水準下では購入意欲は低いことが予想され、今後の需要の一層の回復次第ではありますが製品市況の好転に期待をいたします。
 以上のような状況のもと、今後も原料やエネルギ-価格の上昇など、鉄鋼メーカーの製造コストは高水準で推移していくことが予想されますが、前月の値上げのマーケットへの浸透具合と国内外の需給環境を良く見極めるため、今月は全品種据置きと致します。
 引き続き、需要に見合った生産を継続し、需給の調整に努めます。

PREVIOUS

過去の販売価格

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
MORE CLOSE

在庫販売情報

厚板・カットシ-トの在庫も取りそろえております。
詳しくは、厚板・カットシ-ト在庫販売一覧をご参照ください。

厚板・カットシート在庫販売一覧【PDF】

H形鋼在庫販売一覧【PDF】

CONTACT

お問い合わせ

各種製品へのお問い合わせ(製造可能サイズ、規格など)がございましたら、
下記のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム