東京製鐵株式会社 HOME
東京製鐵株式会社
環境情報
環境基本方針
環境基本方針

東京製鐵は、鉄鋼資源のリサイクルにより資源循環型社会の一翼を担う企業として、地球環境の保全が全世界のテーマであることを認識し、これを経営の重要課題として次により推進します。

1 生産、販売、購買などの事業活動のあらゆる段階に於いて、環境負荷の低減、省エネルギー、省資源につとめる。
2 環境規制を遵守し、さらに積極的な環境保全活動の展開により継続的な改善及び汚染の予防につとめる。
3 廃棄物の減量化・再使用化・リサイクル化を図り、資源の有効な利用・活用を促進する。
4 環境保全活動を効率的に推進する組織及び運営制度の整備を図る。
5 社員の環境への意識向上を図り、環境保全に全員で取り組む。
環境管理体制


東京製鐵の事業活動の全般において、環境負荷の低減並びに良好な環境確保を図るため環境管理を総合的に推進するために、以下の通り環境管理体制を組織化し、環境基本方針に基づき、推進しております。
なお、中央環境委員会の委員長は社長が、各工場環境委員会の委員長には、工場長が就いております。

全社リサイクル率

環境マネジメントシステム


東京製鐵では、ISO14001環境マネジメントシステムを、環境管理の継続的な改善のための仕組として構築し、以下の通り認証取得するとともに、適宜認証の更新を行っております。

事業所
取得日
最終更新日
田原工場
2012年 3月22日
2015年 3月22日
岡山工場
2001年 4月12日
2016年 3月29日
九州工場
2001年10月11日
2016年 8月23日
宇都宮工場
2001年10月11日
2016年10月11日

廃棄物リサイクルの取組


製品製造に伴って付随的に作り出される副生成物(スラグ、ダスト等)並びに工程及び付帯する装置によって発生する 所内発生物(水処理汚泥、レンガ屑等)の再利用・再資源化に努めています。
産業廃棄物委託処理により、再生される鉄鋼スラグ製品の適正な管理を確認するため、(社)日本鉄鋼連盟が平成 19年10月1日に制定した「産業廃棄物処理業者に処理を委託する鉄鋼スラグの管理指針」を受け、東京製鐵では 中央環境委員会で独自に「産業廃棄物管理マニュアル」を制定、定期的に委託先での管理状況の把握に努めております。

全社リサイクル率

使用済み自動車の利用促進における地球環境への負荷低減の取組


現在、自動車リサイクル法では自動車メーカー等にエアバック、フロン、シュレッダーダスト(以下ASR:Automobile Shredder residue)の引き取り・破壊・再資源化の義務を課しています。
全部再資源化とは、この3物品のうちASRを生じさせない方法で使用済み自動車の再資源化をはかるものであり、自動車メーカー等が全部再資源化事業者(解体事業者、プレス・せん断処理業者)に使用済み自動車の精緻な解体等を委託し、全部利用者(国内の電気炉業者等)がその解体された自動車を鉄鋼の原料として利用できる状態にすることをいいます。
全部再資源化事業者及び全部利用者並びに商社がコンソーシアム(共同受託体制)を形成する仕組みのなかで、当社は全部利用者として、経済産業大臣と環境大臣より大臣認定を受けた自動車メーカー等が組織するコンソーシアム評価・審査チームの認定を受けております。今後は受託を一段と拡大し、資源循環型社会の一翼を担う企業として廃自動車の利用促進を通じ、さらなる地球環境負荷の低減をはかってまいります。
なお、コンソーシアム評価・審査チームは、THチーム(トヨタ・ホンダなどの8社)とARTチーム(日産・マツダ・三菱・富士重工業など13社)があり、各工場で、以下のとおり順次受入れを開始いたしました。

事業所
THチーム
ARTチーム
岡山工場
2013年11月 7日
2014年 2月26日
九州工場
2014年 2月 3日
2014年 4月30日
宇都宮工場
2013年10月 7日
2014年 1月21日
田原工場
2015年11月 5日
2016年 4月21日

岡山工場 ART認定証
九州工場 ART認定証
宇都宮工場 ART認定証
田原工場 ART認定証

All Rights Reserved Copyright (c) TOKYO STEEL CO.,LTD. 2014